へら釣り 実践の流れ

ヘラブナは、日本各地で釣れる魚として人気のある対象魚です。その一つに、釣り堀、管理釣り場、全国にある池、川 、湖等釣りができる場所がたくさんあることがあげられます。釣り方もタナで分けるバランス仕掛け、中通しの釣り、段差のセットの釣り等いろいろな釣り方があります。
ここでは、応用ができる、バランスの底釣りを説明します。

底釣りの基本

底釣りのポイント

底釣りをする時は、まずタナをとって、上バリトントンのタナを決めましょう。
そして、エサを付け、仕掛けを送り込みます。何回もエサ打ちを繰り返すと、アタリが出てきますが、モヤモヤだけでいいアタリがでず釣れない時は、通常エサが底に安定していないと考え、ウキ下を1cmずつ深くしてみます。こように、アタリの出方や、釣れる釣れないに応じて、タナを微調整していきましょう。
ただし、初めの、上バリトントンよりもウキ下を浅くすると、底釣りと言わないので、底釣り専用釣り場では、気をつけてください。もちろ
ん、タナ規定のない釣り場や野釣り場ではかまいません。

「共ズラシ」「大共ズラシ」「外押し(中通し)仕掛け」

エサを付けてみよう

エサを付けてみよう

エサは上下のハリに、バリが隠れるように丸くつける。
ていねいにギュッとつけること。

ウキの動き

ウキの動きを、追ってみると

  • エサが付いてない時
  • エサが付いている時
  • エサが段々溶けて、ウキが浮いてくる。ここまで来ると、エサが無くなった。

ページのトップへ

山陽の日


つり具山陽のスタッフがお店の模様を日々ツイートしています。

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月